加盟員数の減少率を見てみましょう

加盟員数の減少率を調べました。「スカウト」、「指導者」、「団・役職員」、「加盟員」のそれぞれについて、対前年度の減少率を計算しています。

スカウト

スカウト数の減少率の推移(対前年度比)です
スカウト数の減少率の推移(対前年度比)

(クリックすると大きな画像が表示されます。)

前年度に、直近では最大の7%以上の減少をみましたが、2016年度は5%後半に回復しました。

指導者

指導者数の減少率の推移(対前年度比)です
指導者数の減少率の推移(対前年度比)

(クリックすると大きな画像が表示されます。)

2013年3月に大きな落ち込みが見られます。2012年(平成24年)に加盟登録料が値上げされたため年度末の2013年の数字に、影響が現れたものと思われます。

団・役職員

団・役職者数の減少率の推移(対前年度比)です
団・役職者数の減少率の推移(対前年度比)

(クリックすると大きな画像が表示されます。)

「指導者」と同様に、加盟登録料の値上げの影響が、2013年の減少率を引き上げているようです。

加盟員

加盟員数の減少率の推移(対前年度比)です
加盟員数の減少率の推移(対前年度比)

(クリックすると大きな画像が表示されます。)

2012年度と2015年度に6%以上の大きな落ち込みが見られますが、2016年度は一旦回復したことが分かります。

加盟員数(スカウト)の推移を予想しました

Excelの近似曲線を使って加盟員のうち指導者、団委員、役職者を除いたスカウトの人数の推移を予想しました。このままの減少傾向が続いた場合に、スカウト数がどのように変化するかを表しています。

引き続き減少傾向にあるため、結果は前回と同様でスカウトがゼロになる期間は大きく変化しませんでした。厳しい状況にあることに変わりありません。

毎年3月に発表される前年度の集計を元にしていますので、最終の数字は2017年3月と1年前の集計となります。もう少しリアルタイムな状況が分かるといいのですが。

ボーイスカウト加盟員数推移予想(近似曲線)です
ボーイスカウト加盟員数推移予想(近似曲線)

2018年5月20日更新
加盟員数の推移としていましたが、正確には指導者、団委員、役職者を除いたスカウト数の推移のグラフです。

2017年3月末の加盟員数が公表されました

2018年3月付けの「団体案内」により、2017年(平成29年)3月末の加盟員数(加盟登録状況)が公表されました。

  • 全国に2,102こ団
  • 8,604こ隊
  • 109,528人(スカウト 62,175人、指導者 47,353人)

公表された数字を元にグラフを更新しました。「指導者」、「団・役職員」は、ゆるやかな下降線をたどっています。一方で、「加盟員」、「スカウト」は急激な右下がりに変わりありません。

スカウト数は、この6年間だけで30%以上減少しています。